トップページへ アポロ関連グッズ 月の土地って? アポロ計画とは? アポロ・トリビア


ゼロハリバートン プレミアムシリーズP3-SI



1969年、「月面採取標本格納器」として、宇宙飛行士と共に月を旅し、約22.5kgの月の石を持ち帰ってきました。
 
アポロ11号で採取された「月の石」
▲アポロ11号で採取された「月の石」









ゼロハリバートン プレミアムシリーズP3-SI 1名様に

▲月に行ったカバンと同型の基本モデル。
3kg、正直、重いです(笑)

■スペックそのものが宇宙仕様
中身を完全に保護する密閉性、強度、耐久性と美しさを兼ね備え、あらゆる環境に対応できる理想のカバンとして誕生したゼロハリバートンは、1969年、「月面採取標本格納器」として、宇宙飛行士と共に月を旅し、約22.5kgの月の石を持ち帰ってきました。しかしその時のカバンは、標準仕様モデルに内装などわずかな変更を加えただけのものであったといいます。



■コレでもカバン?おどろきの高品質
エアクラフト・アルミニウム2024合金。航空機にも使われる特殊な合金をワンプレスで形成して生み出されるゼロハリバートンのカバンは、なんと1平方センチ当たり440トンの圧力に耐える堅牢性を保持しています。そのためか、航空機事故で中身の損傷のないゼロハリのカバンがみつかったこともあるそうです。事故は悲しい話ではありますが・・・。



■必要は発明の母。その歴史
ゼロハリバートンの歴史は、ひとりのビジネスマンの手によって幕を開けました。
世界を駆け巡るエンジニアであったアール・P・ハリバートン・シニアは、カバンの隙間から入り込む砂や埃によって重要な書類や荷物が汚れ、傷むことに不満を募らせていました。
「どんな環境にも対応できるカバンを」切望した彼は、中身を完全に保護する密閉性、強度、耐久性を備えた理想のカバン造りに自ら着手。 エンジニアとしての知識と経験を活かし、さらに航空機設計会社の協力を得て、ついにアルミニウム2024合金製オリジナルケースを完成させました。 強さと美しさを兼ね備えたアルミケースの誕生です。
評判はやがて世界に拡大。1968年にハリバートン・ケース社はゼロ・コーポレーション社と合併。そして翌1969年にはアポロ11号の「月面採取標本格納器」を製造するに至ります。


 
ブラック&デッカー 月面掘削ドリル 詳しくはコチラ フィッシャー スペースペンAG-7 詳しくはコチラ ゼロハリバートン プレミアムシリーズP3-SI 詳しくはコチラ

TOPページへ | アポロ関連グッズ | 月の土地って? | アポロ計画とは? | アポロ・トリビア

 

Copyright(C) 2007 Lunar Embassy Japan co., ltd. All rights reserved.