月の土地って?

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。 (現アメリカルナエンバシー社CEO)
同氏は「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことがわかりました。
この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。
この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。
これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。
この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、
月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

月の土地について、もっと詳しく知りたい

  • 月の詳細
  • 権利について
  • 月の土地FAQ一覧

権利書がお手元に届くまでの流れ

ご注意
・ご注文からお届けまで約1週間ほどかかります。(配送は日本国内のみ)
・ご注文者と権利の名義が異なる場合、権利者情報にプレゼント相手(名義人)を入力してお申込下さい。
・連名注文は2エーカーからのお申込となります。
・未成年の方は、保護者様の同意が必要です。

商品紹介

月の土地権利書

左の写真は、ルナエンバシージャパンで発行されている月の土地権利書3枚です。
左から、月の土地権利書/月の地図/月の憲法となっております。お客様に送付する場合には、他に月の土地権利書/(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4)・土地所有権の宣言書コピー(英文)・オリジナル封筒をお付けいたします。

月の土地権利書

月の土地の商品詳細はこちら»

お客様の声


30代 男性

月の土地が買えるって素敵ですね。いつか、月に行ける日を楽しみにしたいと思います。
娘の1才の誕生日記念として贈りたいと思いました。月の土地なんて…素敵ですね☆
次は妻の誕生日プレゼント、友人にもと夢は膨らみます。


20代 女性

何か変わったプレゼントをしたいと思い、色々と探していました。月の土地を所有できるなんて、本当に夢みたいな話で、
とてもロマンチックだと思います。本当に素敵なアイディアだと思います。


30代 女性

結婚記念日に購入しました。今年の記念日がいつもより特別になりました。
普段見ている月の土地が買えるなんてとてもロマンチックで素敵ですね。


30代 男性

記念すべき10組目の結婚式プレゼント!
10組中2組が仲間内だったため12枚になりました。すっかり恒例のイベントになりました。
ホントいつもありがとうございます。


40代 男性

おもしろい! とにかくおもしろい!これから月を見るのが楽しみですp(^-^)q


30代 男性

結婚式の両親へのプレゼントに友人に勧められ、今回購入することにしました。
大切な人への最高のプレゼントが出来そうです。ありがとうございます。


20代 女性

彼氏へ贈って好評だったので、今度は父にプレゼントします。
絶対喜んでもらえるとおもいます!ありがとうございます!!


30代 女性

会社の同僚がオーナーズカードをすでに持っていて、とても憧れていました。
私と彼は「月」が大好きなので、彼の誕生日にプレゼントしようと思います。
とても思い出の残る誕生日にしたいです☆

クリスマス特集

誕生日特集

2016年12月の営業日

SSLとは?