月を楽しもう!
TOP月に関する基礎知識ムーンイリュージョン
トップページへ
月に関する基礎知識

ムーンイリュージョン
10:9の比率で違っているのです満月のとき、出たての月はやけに大きくて、夜空に昇るにしたがってだんだん小さく、だんだん明るくなるのは、どなたもご存知でしょう。これは、月の光の入 射の関係で大きく暗く見えたり小さく明るく見えたりするわけです。でも月は日によっても大きさが違って見えるのです。これは中々見た目では気づきません。 地球を回る月の軌道は楕円形で、近日点と遠日点があり、その距離の差が見た目の大きさの差になって現れます。更に見かけ大きさにはもっと面白いことがあり ます。


美しい日の入も目の錯覚!?満月の月の出あるいは太陽の日の入りって、なんか大きく見えませんか?じつはこれ、光の入射角で大きく見える以上に大きく見え、あるいは感じているんだそうです。写真に撮ってあとで見てみると見たときに「感じた」大きさと実際の大きさの違いに、時としてびっくりするそうですよ。この現象は総称して「月の錯視(moon illusion)」といって、古来より知られる現象です。様々な仮説があるようですが、心理的なものと見る方向の視覚(眼)の角度が関係しているということです。



仲秋の名月について 月を見てみよう
月に関する基礎知識 月の土地って?

| HOME | プライバシーポリシー | 会社概要 | ご利用案内 |
| クリスマス | バレンタイン | ホワイトデー | 春の特集 | 母の日 | 父の日 | 自由研究 | アポロの日 | 中秋の名月 |
Copyright(C) 2008 Lunar Embassy Japan co., ltd. All rights reserved.