月を楽しもう!
TOP月に関する基礎知識月の色々な呼び方
トップページへ
月に関する基礎知識

月にもいろいろあるんです。

月の形 月齢 呼び名と意味
新月 月齢0 新月(しんげつ)
朔(さく)とも言う。新月は、月が太陽と地球との間に来る事によって地球からは全く見えない。陰暦では毎月の第一日目のことを「朔」と呼んだ。一日(ついたち)の語源は『月立ち』であるといわれている。英語では「New Moon」という。
新月 月齢1 繊月(せんげつ)
二日月(ふつかづき)とも言う。また、既朔(きさく)とも言われる。これは朔を過ぎたという意味から。
新月 月齢2 三日月(みかづき)・ 若月(わかづき)・眉月(まゆづき)・蛾眉(がび)
三日月はその形から、「弓」のほか、「剣」や「鎌」、「櫛」、「舟」などに例えられ、異名・別名が多く、初月(ういづき・はつづき)・若月(わかづき)・眉月(まゆづき)等とも呼ばれる。夕方、西の空に見え始める。英語では「Crescent Moon」という。
新月 月齢6 上弦の月(じょうげんのつき)
月が満ちていく過程での半月をいう。半月を弓の形になぞらえ、弓に張った弦が上向きになっていることから、“上弦”という。弓張り月(ゆみはりつき)・半月(はんげつ)ともいう。英語では「Half Moon」
新月 月齢9 十日夜(とおかんや)
旧暦の十月十日に行われている収穫祭。少し膨らんだ月になる。
新月 月齢12 十三夜月(じゅうさんやづき)
満月に次いで美しいとされている月で、古くから月見の宴などが行われていた。これからまさに満ちていくさまが縁起の良い月とさる。英語では「Gibbous Moon」
新月 月齢13 小望月(こもちづき)・十四日月(じゅうよっかづき)
満月の前夜の月で、「待宵の月(まつよいのつき)」ともいう。翌日の満月を楽しみに待つ、という意味。また、幾望(きぼう)とも言い、満月(望月)の前夜で、“機”は「近い」の意味を持つ。
新月 月齢14 満月(まんげつ)・十五夜(じゅうごや)・望月(もちづき)・三五の月(さんごのつき)・仲秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)・芋名月(いもめいげつ)・望(ぼう)
月が最も真円に近い状態になる日。月と太陽を結ぶ線上の間に地球が位置し、太陽の光が月全体を照らし出す。陰暦では7月〜9月が秋とされたため,8月はその真ん中となり“仲秋”と呼ばれた。英語では「Full Moon」
「ブルームーン」:ひと月のうちに満月が2回あるときに、1回目の満月を「ファーストムーン」、2回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶ。「めったにないこと。まれな現象。」という意味を含む。
新月 月齢15 十六夜(いざよい)
月の出が十五夜よりやや遅くなっているのを、月がためらっていると見立てた。「十六夜」とは“ためらい”の意味を持つ。また、夜が明けてもまだ沈まず、西の空に残っている様子から、「有明の月」とも呼ばれる。
新月 月齢16 立待月(たちまちづき)
夕方、立って待つ間に出る月の意。
新月 月齢17 居待月(いまちづき)
満月を境に月の出が次第に遅くなるので、座って待つうちに出る月の意。
新月 月齢18 寝待月(ねまちづき)・臥待月(ふしまちづき)
月の出が遅いので寝て待つ月の意。別名、臥待月(ふしまちづき)とも言う。
新月 月齢19 更待月(ふけまちづき)・亥中の月(いなかのつき)
夜も更けてから月が上ってくる月の意。だいたい、午後10時ごろに月の出を迎える。
新月 月齢22 下弦の月(かげんのつき)・二十三夜月(にじゅうさんやづき)
月が欠けていく過程での半月をいう。半月を弓の形になぞらえ、弓に張った弦が下向きになっていることから、“下弦”という。弓張り月(ゆみはりつき)・半月(はんげつ)ともいう。英語ではこちらも「Half Moon」
新月 月齢25 有明月(ありあけづき)
夜明け(有明)の空に昇る月で、”暁月”ともいう。本来は十六夜以降の月の総称。
新月 月齢29 三十日月(みそかづき)
新月頃の月。30(三十)日なので「みそか」と読み、月末を「晦日(みそか)」というのはこのため。また「晦日(つごもり)」ともいう。「つごもり」は「つきこもり」が転じたもので、月が姿を見せないのでこう呼ばれた。

仲秋の名月について 月を見てみよう
月に関する基礎知識 月の土地って?
| HOME | プライバシーポリシー | 会社概要 | ご利用案内 |
| クリスマス | バレンタイン | ホワイトデー | 春の特集 | 母の日 | 父の日 | 自由研究 | アポロの日 | 中秋の名月 |
Copyright(C) 2008 Lunar Embassy Japan co., ltd. All rights reserved.