月を楽しもう!
TOP月を見てみよう!望遠鏡でどの位見えるの?
トップページへ
月を見てみよう!

望遠鏡でどのぐらい見えるの?
口径10センチの望遠鏡で月を見ると、だいたいこのくらいの感じで見えます。
「望遠鏡で見る」とは、上下反対(倒立)となります。天体望遠鏡で月を見るときは、実は半月ごろがいいとか。満月ですと光が強すぎて見にくくなるのだそうです。
50倍   100倍
50倍
月の直径が約5センチで、全体が見えます。個別のクレーターなどの判別は難しいですね。
  100倍
望遠鏡の口径いっぱいに月が見えます。

200倍   300倍
200倍
この倍率ですと月の直径は約20センチ。
  300倍
ここまできますと、いろいろな個別クレーターや海もかなりよくわかります。月面図を参照しながら見てみましょう。現在の第三期販売分の「しめりの海」もきっとよく見えますよ。
    協力:(株)ビクセン





仲秋の名月について 月を見てみよう
月に関する基礎知識 月の土地って?


| HOME | プライバシーポリシー | 会社概要 | ご利用案内 |
| クリスマス | バレンタイン | ホワイトデー | 春の特集 | 母の日 | 父の日 | 自由研究 | アポロの日 | 中秋の名月 |
Copyright(C) 2007 Lunar Embassy Japan co., ltd. All rights reserved.